社員研修で必ず教える必要性のあるホウ・レン・ソウ

新入社員が入って来た時、必ず行われるものに社員研修があります。
仕事の内容を教えると共に、社会人としての心得などを教えることで、より良い社員になってもらうための研修です。
その研修で行われる一般的なことに、ホウ・レン・ソウと言う言葉が出て来ます。
このホウレンソウは、ある言葉を短縮したもので、報告・連絡・相談と意味を成すものです。
そこには、報告の大事さ、連絡を取る必要性、相談することの大切さを知ってもらう必要があるからです。
報告の大事さは、義務であると知ってもらうことです。
それは会社から指示されたことに対し、必ず報告する義務があることを教える必要があります。
指示され放しで終わるのではなく、なぜ報告する義務があるのかをキチンと教えることが、社内での仕事が円滑に進むことを知ってもらう必要があるからです。
この報告も、社内でのルール作りが必要です。
何故ならルールがない場合には、各自勝手な報告をするようになり、大切な部分が抜けてしまう可能性も出て来るからです。
社員研修では、報告に対するルールをハッキリされることで、適正な報告が出来る人作りをすることが大事なことになります。